法人カードの申し込み方法 ― コーポレートカード・ETC法人カード選び・審査情報なら

HOME   >   法人カードの申し込み方法

法人カードの申し込み方法

申込者は企業の代表者や事業主

代表者と握手 法人カードを申し込む場合、基本的に企業の代表者や個人事業主が申し込みを行います。審査を通過すれば、例外として社員や役員が発行することを許されるケースもあります。しかし一般的には申込者は企業の代表者、個人事業主となっています。

利用枠は会社全体、もしくは部署全体、カード使用を社員1名ごとに設定することが可能です。ここで大切なのは会社の規模や利用の目的を考え、適切な法人カードに申し込むことです。法人カードには様々な種類があり、サービスがあります。企業がどのサービスを多く利用するかよく考えて申し込みましょう。

法人カードを導入すれば経費の支払い、清算業務が簡略化され、経費の透明化や事務処理の手間が省け、その分人員削減が可能になります。

申し込みに必要なもの

法人カードを申し込む際に必要なものは、申込書と登記簿謄本です。

インターネットから申し込むことにより、様々な特典やキャンペーンを受けることが可能となります。申し込む際には公式ホームページをチェックし、現在どのようなキャンペーンが行われているかを比較するのも良いでしょう。

また場合によっては四半期決算の提出を求められる場合もあります。申し込みページを見てチェックしておきましょう。法人カードの審査を通るためには少なくとも3年以上会社創設から経っており、経営が黒字であることが必要です。基本的に黒字経営で、会社の運営機関がポイントとなりますので、その点も考慮して申し込みをしましょう。