法人カードの審査 ― コーポレートカード・ETC法人カード選び・審査情報なら

HOME   >   法人カードの審査

法人カードの審査

特殊で厳しい審査基準

法人カードの審査は個人向けクレジットカードと比べると、審査基準は厳しく特殊なものになっています。法人カードは親カードと呼ばれるクレジットカードと子カードと呼ばれるカードを複数枚発行することが出来ます。企業や個人事業主を審査することと、子カードが複数枚作られることにより、利用枠が大きくなる、つまり高額になるため、審査が厳しくなるのです。

また企業に対して発行されますから、企業特有の「倒産」という危険性もはらんでいます。必然的に審査は厳しくなってきます。

更に法人カードには作りにくい時期というものがあります。設立間もない時期は経営状況が不透明なため、審査に通りにくいと言われています。基本的には企業を設立して3年以上、黒字決済があることがポイントとなります。銀行と取引があり、銀行から紹介してもらえるケースであれば審査が有利になることもあるようです。

実績が形になっていればカード発行可能

審査官女性 法人カードの審査基準は原則、3年以上の経営実績、現在の経営が黒字であることが鉄則です。しかし経営者の経歴や企業の実績が形として提示出来る場合に限り、審査基準以外でも法人カードを発行してもらえるケースがあります。

経営者の信用性が高く、クレジットカード履歴も優秀であるなど、個人を通して企業を信頼出来れば、法人カードが発行されるのです。また法人カードの審査基準はカード会社によってまちまちです。審査基準が比較的緩いカード会社を選べば、企業の業績によって審査基準をクリアすることも可能です。