ガソリンカードとして使用 ― コーポレートカード・ETC法人カード選び・審査情報なら

HOME   >   ガソリンカードとして使用

ガソリンカードとして使用

ガソリンカードで節約!

タイヤ空気圧の適正化、アクセルワークやオイル交換等、その他様々な方法でガソリン代を節約することは可能です。その中でも法人ガソリンカードを利用することでガソリン代を節約する方法があります。

営業等で車をたくさん使用する場合、消耗品であるガソリンは使い続けることになります。ハイブリッド、電気自動車が主流になる時代もそう遠くはないでしょう。しかしそれまでの間は高いガソリン代を払い続けなければなりません。価格も徐々に高騰しているので、会社としては経費削減のためにもガソリンカードを利用することがメリットになります。

ガソリン代の節約は元より、生活費全般で節約可能な汎用性の高い法人カードは注目を集めています。特にポイント還元率の高い法人カードは人気です。多くの法人カードが提携しているガソリンスタンドでは割引を受けることが出来ますので、経費節約になります。提携しているガソリンスタンドは全国にありますので、利用するのに難しいことはありません。

ETCカードとしての使い道も

営業車 法人カードに付帯されているガソリンカードの多くは、ガソリンスタンドのみで使用出来るだけでなく、ETCカードとしての役割も果たします。

高速道路を多く利用する営業車を持つ企業の多くはETCカードとガソリンカード両方の機能を持たせているものが多く、その法人カード1枚あれば様々なシーンで活躍出来ますので大変便利です。以前では従業員に仮払いをさせて、後ほど領収書またはレシートで経費として処理することが一般的でしたが、ガソリンカードを利用することによってその手間が省け、経費節約が可能となります。

全国各地のガソリンスタンドで割引料金で給油が可能で、経費削減や透明化を図れる法人カードは、特に運送会社や流通業界にはありがたい1枚となっています。